前へ
次へ

シニア世代も転職してみよう

転職とはいっても、ただ単に「収入面」のみで転換させるのではなく、「やりがい・働きがい」を見出せる会社へ転換しなければ、後々、大きな仕事(プロジェクト)を任されるときに、「思っていた仕事ではない」などを理由に周りと調和が取れなくなったり、精神的にツラくなることもなきにしもあらずです。転職だから、中小企業から大企業へという考えではなく、定年まで貢献したいのならば、大企業から中小企業へ、都会から地方に視野を広げるのもおすすめです。これらは、シニア世代にこそいえる内容でもあります。これまでに培ったノウハウ、優秀な人材であることは職歴や経歴でも十分すぎるほど分かります。今、地域であったり、中小企業の活性化事業においては、転職者を歓迎している傾向にあります。それが、企業と古株の現役を結ぶ事業です。仕組みはシンプル、中小機構のホームページからデーターベースに登録するだけ、企業も必要とする求人内容を登録するだけです。マッチングサイトと類似する仕組み、課題やニーズを掘り起こすのは転職エージェント軍団で、その課題解決に適したシニア現役を選定して引き会わせます。

Page Top